【故障症状】Office消えた!

1月7日ですがエクセルやワードが使えないというお客様がいらっしゃいました。症状としてはショートカットは残っていて開こうとすると「コントロールパネル→プログラムと機能→修復をして下さい」という警告が出ますがプログラムと機能の一覧にはOfficeが無いというもの。

今回修復を行った手順ですが

手順1 Office Easy Fix ツールを使用してOfficeを綺麗にアンインストールしてみました。

ツールはこちらのページの下の方にあります。Easy Fix ツールを使用して Office をアンインストールするダウンロードボタンをクリックしてデスクトップ等に保存してください。

ダウンロードした o15-ctrremove.diagcab をダブルクリックするとアプリが起動しますのでアプリの指示に従いOfficeに起こっている問題を解決します。未解決の表示がある場合は繰り返し起動して解決します。今回は2回行いました。

手順2 下記手順に従いOfficeを再度インストールします。ちなみに駒大生限定の方法です。

原因は解りませんでしたが解決出来て良かったです。ご自分で行う場合はデータのバックアップをお忘れ無く。自己責任という事でお願いいたします。

【故障症状】Officeが開かなくなった

Officeが開かなくなったと持ち込まれた方がいらっしゃいました。 昨年の10月ごろからwindows updateを実施していなかったことが原因でした。 同じ症状の方は、下記手順を追って根気強くupdateしてみてください。 1.既に通常のupdateでは無理だと思われますので下記よりトラブルシューティング ツールをダウンロードして実行してください。 Windows 10 用トラブルシューティング ツールのダウンロード を実行した後、再度updateを行ってください。余程こじらせていなければ上記の方法で何とか治ると思います。 無理だった場合は、店舗へお持ちください。

2010年から2016年に富士通ノートパソコンをお買い上げ頂いたお客様へバッテリ充電制御機能アップデートのお願い

2010年から2016年に富士通ノートパソコンをお買い上げ頂いたお客様へバッテリ充電制御機能アップデートのお願いです。

このアップデートは、バッテリの消耗により内圧が上昇して発生する発火・発煙などの事故を未然に防ぎ、お客様の身体・生命の安全を確保することを目的としています。バッテリの消耗に合わせて充電制御を行い内圧を下げることで、これまで以上に安心してお使いいただくことができます。

詳しくは富士通ホームページにてご確認ください

http://azby.fmworld.net/support/info/batteryctrl/

Windowsのアップデートをするとデスクトップがゴミ箱だけになり何も出来なくなる 追加情報

Windowsのアップデートをするとデスクトップがゴミ箱だけになり何も出来なくなる現象ですが他社の商品でも頻発しているようです。

October 2018 Update(バージョン1809)が原因ではないかと思われます。

この更新は自動更新ではなく手動更新のようですので必ずデータのバックアップを行ってから更新して下さい。

以下 ITmedia様の記事となります。

「Windows 10 October 2018 Update」の再配信でMicrosoftが失ったもの

Windows 10「October 2018 Update」のファイル消失問題とは何だったのか (1/3)

スタートボタン


なお、アップデート後デスクトップがゴミ箱だけになって左下のスタートボタンも反応しないという方は、残念ながら初期化かWindows 10 のクリーン インストール以外に手立てが無いようです。

マイドキュメントに保存していたデータに関しては残っている可能性がありますので
キーボードの Winボタン + Eボタン同時押しでエクスプローラーを起動させてご確認頂ければと思います。