2016年度動産保険

2016年度動産保険

メーカー各社で保険内容が異なります。
詳しくは下記をご確認ください。

パナソニックの場合

panahoken2016

Surface Pro4の場合

マイクロソフトの保守MSプラスワランティ延長保証サービスを付けた保険となります。

富士通の場合

在学中4年間に限る。

補償範囲:
※ パソコン機器の本体部分、ディスプレイ、キーボード及び機器内蔵のハードウエア・基本OS
※ ACアダプタ・電源コード
※※ 外付け機器、プリンター等の周辺機器及びノート型パソコンのマウスは対象外です。

fujituuhoken

補償内容:
(1)対象となる主な損害(部品代・技術料・送料・消費税)
下記に掲げる偶然な事故による損害を補償します。(但し部品交換を伴うもの)

①火災、破裂、爆発
②落雷、風災、雪災、ひょう災
③水漏れ(水災を除く)
④破損(落下したパソコンに生じた損害等)
⑤衝突
⑥盗難(警察署に盗難届を提出し、受理番号を受領されたものに限ります)

(2)対象とならない主な損害

①通常使用における故障(4年間メーカー延長保証にて対応)
②加入者、購入者、保険受益人およびその親族の故意、重過失等
③自然の消耗、劣化、変質、変色、錆、カビまたは虫食い等
④紛失、置き忘れ(置き忘れに伴う盗難も含む)
⑤水災(洪水等)
⑥地震、噴火、津波、に起因する損害
⑦戦争、内乱、暴動等や核燃料物質による事故
⑧差押え、没収等、公共団体の公権力行使に起因する損害
⑨詐欺または横領に起因する損害
⑩ソフトウェアのみの障害(ハード障害がなく、ソフトウェアのみの交換の場合)
*ハードの障害が伴う場合には補償の対象になります。
⑪予防交換による修理費用
⑫人件費・交通費
⑬保険の目的のかしに起因する損害